MENU

[MUJI Labo2023ss] 理想のオーバーサイズTシャツに出会えた。天竺編みクルーネックTシャツ

本ページにはプロモーションが含まれています。

こんにちは、yuukiです

今回は無印良品の上位ブランドであるMUJI Laboで最近購入した半袖Tシャツを紹介していきたいと思います。

天竺編みクルーネックTシャツ
カラー:オフ白
サイズ:L〜XL
価格:3,990円
MUJI Laboではお馴染みですが、首の後ろに輪っかみたいなのが付いてます。

タイトルにもありますが、天竺編みクルーネックTシャツというアイテムになります。僕のブログを見て頂いてる方は、なんとなく聞いたことのあるアイテム名だと思うんですが、僕は1月にもMUJI Laboの方でこちらの天竺編みTシャツの長袖バージョンを購入していました。

長袖の方は見た目普通のロンTなんですが、着れば分かるデザイン性の高さ、使いやすいサイズ感に魅了されて今回そちらの半袖が出ていることを知り、期待を込めて購入してみました。

MUJI Laboのアイテムは県内でも限られた店舗でしか取り扱いがないので、今回はネット注文して近くの無印良品で受け取る『店舗受け取りサービス』を利用して購入してみました。1つ前に紹介した『木の実から作ったカポック混ワンタックパンツ』もこのサービスを利用して購入しましたが、UNIQLOやGU同様素晴らしいサービスだなと感じました。送料もかからないので、これならMUJI Laboアイテムを家の近くの店舗で購入できるので、良ければ利用してみて下さい。

目次

サイズ感が完璧

今回僕は1枚でもキマる格好良いシルエットのTシャツが欲しかったんですが、天竺編みクルーネックTシャツは、無印アプリで商品写真を見た時からかなりのワイドシルエットだということは気付いていました。ただ、試着が出来ないのでS〜MかL〜XLどちらにしようか非常に悩みました。

僕は身長170cm、体重60kgなので普通に考えればS~Mサイズが丁度いいとは思うんですが、1月に購入した長袖の方はL~XLを購入して凄くサイズ感が良かったので、今回もL〜XLサイズにチャレンジしてみました。

サイズ着丈袖丈
XXS〜XS63cm55cm57cm24.5cm
S〜M67cm59cm61cm25.5cm
L〜XL71cm63cm65cm26.5cm
サイズ表
数値は商品ページより参照


身長170cm、体重60kg L〜XLサイズ着用
袖丈26.5cm、肩幅63cm
袖はかなり長めでドロップショルダーな作りになっています。
着丈は71cm
かなりゆったりシルエットなんですが
着丈はお尻がやや隠れる程度の長さなので
横から見た際にスッキリした印象を受けます。

結論、サイズ感はこれまでの半袖Tシャツの中で一番気に入りました

やはりL〜XLサイズなのでかなりのオーバーサイズでした。袖も5部袖という記載でしたが6部袖くらいありそうな長さでしたが、これはこれで全然アリだなと感じました。


こうしたビッグサイズのTシャツは、首元がかなりゆったりしていたりシャツの着丈が凄く長かったりと、見た目かなりだらしなく見える物が多いんですが、このTシャツは首元は窮屈でない程度に狭めな作りになっていて、着丈も短めなボックスシルエットのTシャツになっているので、オーバーサイズなんだけど不思議とラフ過ぎない絶妙なシルエットになっていました


今まで夏のTシャツはユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツが最強だと思っていましたが、シルエットでいうとMUJI Laboの方がかなり気に入りました。とはいえ倍以上の価格差があるので、コスパの高さや使いやすさでいうとやはりユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツは最強だなと思います。


カラーは5色展開

カラーはオフ白、ライトグレー、黒、ライトイエロー、ネイビーの5色展開となっています。

僕は1枚でもサマになる白Tが欲しかったのでオフ白を選びましたが、想像以上にシルエットが良かったので黒も追加で購入しようか検討中です。

個人的な意見ですが、ライトイエロー以外はどれも使いやすそうなカラー展開なので

どれを選んでも外れなしという印象でした。

ベーシックで使いやすいのはオフ白や黒かなと思うので、その2色は間違いないかなと思います。

画像は無印良品のホームページより引用
個人的にはこの2色がオススメ
こちらのTシャツのオフ白は肌が透けにくくなっています。

オーバーサイズが故に注意する点も

1枚で着るにはこれ以上ない程に気にいった今回のTシャツなんですが、そのサイズ感からちょっと使いにくいなと感じた点もあったので紹介したいと思います。


アームホールの広い上着を選ぶ必要がある

袖長が長く、袖幅が広い作りになっています

写真でわかるように袖幅が広く、袖丈の長い作りになっているのでカーディガンやシャツなどを上から着ると袖部分がつっかえて不恰好になってしまうので、上に何か羽織る際にはその上着もそれなりにアームホールの広いものを選ぶ必要があります。



矢印部分、Tシャツの袖部分でかなりモッコリ膨れ上がっています。

試しにユニクロのエクストラファインメリノVネックカーディガンを上から着てみましたが、やはり袖部分が膨らんで不恰好になってしまいました。こうした一般的なカーディガンだと合わせて使うのは難しいかなと思います。

スウェットカーディガン(ユニクロ)のXLサイズを着用
カーディガンのアームホールも広いので違和感なく着ることが出来ました

次に同じくユニクロのスウェットカーディガンを着てみましたが、このカーディガンはアームホールが広めな作りになっているので、こうした上着であれば袖部分にあまり違和感を感じずに使うことが出来るかなと思います。



袖口が広いので肌が見えそう

お見苦しいので写真を小さくしてモザイクもかけています。

写真でわかるように袖口が広いので手を広げたり上げた際に袖口から脇や胸あたりが見えそうになります。なのでこちらのTシャツを着る際には下にエアリズムのような肌着を着ておいた方が良さそうです。

個人的にグンゼというメーカーのインナーがお勧めです。

Tシャツ専用インナーで、男女両方に対応しています。

エアリズムにはない、首元の広めなUネックタイプもあるので良ければこちらもチェックしてみて下さい。


コーデしてみました

コーデと言っても主にパンツを替えて夏仕様で考えてみました。

パンツ:confect
パンツ:comoli
パンツ:Studio Clip

無印良品の店舗受け取りサービスについて感じたこと

画像は無印良品のホームページより引用


今回初めて利用してみた無印良品の店舗受け取りサービスを利用してみたんですが、ユニクロやGUに比べると商品の準備完了までかなり時間がかかるなという印象を受けました


逆にユニクロやGUが早すぎるとも思うんですが、ユニクロやGUではオンラインショップ限定商品であっても注文から1日遅くても2日後には受け取り準備完了の通知が来ます。無印良品では今回注文してから受け取り準備完了まで6日程度の時間がかかったので、ちょっと長いな〜と感じてしまいました。

まぁ、こんなサービスがあるだけ凄く有難い話なんですが、ちょっと感想も書いてみました。

まとめ

今回は無印良品の上位ラインMUJI Laboから2023年春に発売された天竺編みクルーネックTシャツの購入後レビューを書いてきました。

タイトルにも書いたんですが、個人的に今まで買ってきたオーバーサイズTシャツの中で最も理想に近いTシャツに出会えたなと思えました。首元がしっかりしていたり、ボックスシルエットにしてあったりドロップショルダーだったりと僕の要望を全て叶えてくれたと言ってもいいくらいの完成度の高さでした。

価格が3,990円とUNIQLOや無印良品のインラインなどのTシャツと比べるとやや高めなんですが、価格差を埋める程の満足度がありました。

3月末に同じくMUJI Laboから発売される太番手五部袖プルオーバー(パネルボーダー)も似たようなサイズ感ならいいなと期待していますが、あちらは今回のTシャツよりも首元が横に広いボートネックのような感じになっているので、出来れば購入前に一度試着しておきたいなとは思います。

太番手五部袖プルオーバー(パネルボーダー)
画像は無印良品のホームページより引用



今回は以上となります。

Instagramをやっています。

日々のコーデを載せているので、良ければこちらもチェックしてみて下さい。

今後も無印良品、MUJI Labo商品を積極的にチェックしていきたいと思っていますので、良ければまたご覧ください。

それではまた次の記事で✨

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
yuuki
このブログの運営者
はじめまして。

ブログ『僕らのゆるい暮らし〜30代2児のパパブログ』を運営しているyuukiと申します。

現在35歳で妻と娘2人とチワワの4人と1匹で広島県郊外で田舎暮らしをしています。

こちらのブログでは、主にUNIQLO、無印良品、GU、ワークマンなどのプチプラファッションブランドで購入したアイテムを紹介しています。また、そのアイテムを使ったコーデも紹介しているので、参考にして頂けると嬉しいです。

完全に素人ファッションブロガーなんですが、一人の洋服好きな男性が書いているブログとして参考にして頂ければ嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次