MENU

AnkerのSoundcore Liberty Air 2はコスパが高くて大満足

本ページにはプロモーションが含まれています。

こんにちは、yuukiです

みなさんは、スマホで音楽やyoutubeなどを視聴する際に

場所によってはイヤホン、またはヘッドホンを利用すると思うんですが

コード付きのものと、ワイヤレスイヤホンどっちを使っていますか?

左が現在使っているもの、右が今まで使っていたもの

タイトルを見てもわかるように、僕はワイヤレスイヤホンを使っているのですが

つい3ヶ月前までは、iphoneに付属していたイヤホンをずっと使っていました

僕は、もともと家電やガジェットなどに興味がなく

使えれば問題ないタイプなんですが

使っていたイヤホンをポケットに入れたまま洗濯機にかけてしまい

音が聞こえなくなってしまったので、いい機会だと思い買い替えました。

目次

種類が多くて迷う

いざワイヤレスイヤホンを買おうと思ってAmazonや楽天で検索しても

種類が多いし、値段もピンキリでどれがいいか分からん…

たまたま僕が普段見ていたYoutuberさんがガジェットを紹介されていたので

参考にさせてもらうことに

そのYoutuberさんは、『トーマスガジェマガ』さんです。

今から僕が商品の紹介をしていきますが、動画でわかりやすく知りたい方は

トーマスさんの動画をおすすめします。

トーマスさんの動画はこちらから見れます。

結論、オススメするワイヤレスイヤホンは

Anker Soundcore Liberty Air 2 です

名前が長すぎる(長いので以下ではAir2とします)

トーマスさんが紹介されてたのはAir2proでしたが

ちょうど楽天で安くなっていたのでProじゃなくていいわと、こちらを購入しました

こちらは僕が購入した時は楽天市場で5,993円でした

比較としてアップルのAirPods楽天市場で19,800円AirpodsPro30,019円でした

約1/4の価格ですが、アンカー製品は安いわりに性能がいいんです

更に18ヶ月の長期保証まで付いているので壊れても安心です

詳しくはトーマスさんの動画をご覧ください

ワイヤレスイヤホンの凄いところ

結局何が凄いのか、僕が感じたものを挙げていくと

ワイヤレスイヤホンが凄いと感じたこと

ノイズキャンセリング機能
スマートな見た目
抜群のフィット感
コスパが高い
専用アプリで自分好みの音にチューニングできる

と、ザックリ以上の5つがあったので、1つずつ解説していきます

ノイズキャンセリング機能

僕がこのAir2を使って一番衝撃的だったのは

こちらのノイズキャンセリング機能でした

僕も実際に使うまでは、それ何ですか?という感じだったんですが

耳につけた瞬間に水の中にいるような感じになります

かといって外の音が全く聞こえない訳ではなく、何となくは聞こえます

ただ、アップルのAirpodsなど高い商品を使用したことがないので
Air2がどの程度凄いノイズキャンセリング機能なのか
比較はできませんが、6,000円弱でこの品質であれば全く後悔はないです

注意

ただ注意が必要なのが、両耳につけて寝ていると

本当に音楽の世界に入り込んでしまうのでほぼ外の音が聞こえなくなります

1度両耳につけた状態で休憩していたら

仕事で使っているピッチが鳴っても全然気付かなかったので

両耳使うのは場所を選ばなければなりません

なので、よく自転車でこれを両耳につけて走ってる人を見かけますが

危ないので止めましょう

たまにワイヤレスイヤホンをつけて
スマホを見ながら自転車に乗っている人がいますが
よく事故らないなと思います

スマートな見た目

みなさん、コード付きのイヤホンを鞄に入れていると

これを解く時間…無駄でしたね

こんな感じになっていることってありませんか?

鞄に入れる度に綺麗に纏めておいたり、縛ってグチャグチャにならないようにしたりと

やりようはあるとは思うんですが、急いでいる時はそのまま入れて

後で大体この状態になってませんか?

僕は毎回この絡まりを解くのに凄いストレスを感じてました

ですが、Air2ならこんなにコンパクトでスマートな見た目を保てます

蓋を開けて耳につければすぐに使えます

開けて付けるだけ、ノンストレスです

また、1度の充電で最大28時間使用可能、イヤホン単体でも7時間使用可能なので

大体の人は2~3日に1回充電しておけば大丈夫だと思います

商品の箱(裏面の記載)

抜群のフィット感

こちらのAir2には付属品で7種類のイヤーピースが用意されているので

おそらくその人に合った大きさの物があると思います

本体の箱(中身)

なので、ランニングなどで運動する時や自転車に乗っている時も

外れて落としてしまうことも少ないのではないでしょうか

僕もよくランニングをしますが
今までイヤホンが落ちたことはありません

コスパが高い

Anker製品に限った話にはなりますが

他社では2万円以上するスペックの物が数千円〜1万円ちょっとという価格帯で

手に入るので、Anker製品は本当にコスパ最強だと思います

また、18ヶ月の保証期間があるので安心感もあります

本体に入っていた保証書
会員登録すれば保証期間が18ヶ月→24ヶ月に延長されるみたいです

僕のようなガジェットに詳しくない人は
値段も手頃で、保証期間も長いので
Anker製品から入ってみるのがいいかと思います。

専用アプリで自分好みの音にチューニングできる

App StoreかGoogle Playで『Soundcore』と検索すれば専用アプリが出てくるので

そちらからダウンロードしましょう

スマホとイヤホンがBluetoothで繋がっている状態でアプリを開くと

左下にイコライザー、右下にコントロールと表示されるので

イコライザーで自分好みにチューニングしたり

プロフェッショナルを選ぶと、さまざまなプロデューサーのカスタムが選べるので

僕はこちらから好みのものを選んで使っています

アプリを開き、自身のイヤホンを選択するとこの画面が開きます
イコライザーをタッチすると
この画面に切り替わります

音にこだわりのある方には嬉しい機能ですね
僕はあまり気にしないので
プロフェッショナルの中から選びました

デメリットは?

これまで散々ワイヤレスイヤホンの凄さを語ってきましたが

逆にデメリットって何?と思う方もいらっしゃると思いますので

僕が実際使用して感じたデメリットを挙げるとしたら

デメリット

イヤホンを触ると背面タップに反応して面倒
充電する必要がある
何故か接続が上手くいかないことがある
外で使う場合、失くす可能性が高い

主に以上の4点かなと思いますが、対策も含めて詳しく解説していきます

イヤホンを触ると背面タップに反応して面倒

これは最初本当にイライラさせられました

Air2では、イヤホンの外側に付いているAnkerのロゴマーク部分をタッチすることで

音量の上げ下げ、一時停止、音声アシストなどの機能を使えるのですが

イヤホンを触る度に反応してしまうので、初期設定のままではストレスが溜まります

特にイヤホンを持っているだけで、音声アシストが起動するのは本当に困ります

解決方法としては、Soundcoreアプリからタッチ操作をオフにできるので、そちらを紹介したいと思います。
まずSoundcoreアプリを開き、右下のコントロールをタッチします。
すると、タッチ操作でどんなことをするか設定できるので
全てオフにすればこの煩わしさからは解放されます。

なので、デメリットでしたがこれは解消されています

初期設定では
こんな感じになっています
現在の設定
シングルタップ以外は全てオフにしています

初期設定だと音声案内が起動して、とても面倒でしたが
設定を変えれば問題は無くなりました

何故かうまく接続できないことがある(対策あり)

これについては、イヤホンをケースに入れて本体の裏に付いているボタンを長押しすると

テザリングが解除されるので、その後もう1度接続し直してみれば

直ることもあるんですが、それでも直らないこともあるので

何度か接続し直すとそのうち直ることが多いです

ただ、接続がうまくいかないことはほとんどないので

そんなに気にしなくてもいいかなと思います

右側の丸いボタンを長押しでテザリングが解除されます

(追記)

ペアリングが上手くいかない時のt対策をネットで検索してみました

ペアリングができない場合の対策

1.使用しているスマートフォンから「Soubdcore Liberty Air2」のペアリングを解除・削除する

2. イヤホンをケースに入れ充電ケースを開けた状態で、ケース裏面にあるボタンを10秒間長押し

3. 10秒間長押し後、イヤホンのLEDが3回赤く点滅することを確認する

4. リセット後右イヤホンが速い点滅、左イヤホンがゆっくり点滅するのを確認する

5. 再びスマートフォンのペアリング画面から再接続する

以上の流れで接続できるようになりました

その他のトラブルの対策もAnkerのサイトで詳しく解説してあったので

URLを貼っておきます

https://lp.ankerjapan.com/troubleshooting-3911-3910

外で使う場合、失くす可能性が高い

ワイヤレスイヤホンは外したままどこかに置いておくと

小さいので見つけ辛く、失くす可能性が高いです

なので使わない時は常にケースに入れておく癖を付けておくことをお勧めします

また、当然ながら外で落とした場合は見つけるのが困難です

ただ、ケースから出していると何秒かに1回白くランプが点灯するので

暗い場所では逆に見つけやすいかなと思います

何秒かに1回、イヤホンの上部がほんのり点灯します(右側)

以上、デメリット4つを紹介しました

デメリットと言っても、対策が出来るものが多いので
大した問題ではありませんでした。
むじろメリットの方が大きすぎました。

もっと早く買えば良かった

ワイヤレスイヤホンを使い始めて約3ヶ月

感想としては

早く買えば良かった」の一言に尽きます

イヤホンにわざわざお金払わなくても

とか

付属品で充分でしょ

とか思っていましたが、さっさと買えば良かった

色々とつらつら書いてきましたが

まだノイズキャンセリング機能を使ったことがない方は

知り合いの人にちょっと使わせてもらったりして体感してみてほしい

本当に全然違いますよ!!

と、ガジェットに全然詳しくない僕が偉そうに語ってしまいました

もしこの記事を読んでいる方で

ワイヤレスイヤホンにしようか悩んでいる方がいれば

参考にして頂ければ幸いです

ノイズキャンセリング機能が付いてこの値段は安いです

では今日はこの辺りで✨

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
yuuki
このブログの運営者
はじめまして。

ブログ『僕らのゆるい暮らし〜30代2児のパパブログ』を運営しているyuukiと申します。

現在35歳で妻と娘2人とチワワの4人と1匹で広島県郊外で田舎暮らしをしています。

こちらのブログでは、主にUNIQLO、無印良品、GU、ワークマンなどのプチプラファッションブランドで購入したアイテムを紹介しています。また、そのアイテムを使ったコーデも紹介しているので、参考にして頂けると嬉しいです。

完全に素人ファッションブロガーなんですが、一人の洋服好きな男性が書いているブログとして参考にして頂ければ嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次